“サマースタイルアワード横浜大会”まで【あと6日】元気にハツラツと!

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

スポンサーリンク

サマースタイルアワード横浜大会まであと6日となりました。

今回は、サマースタイルアワードに向けての調整方法をご紹介させていただきます。

今大会にかける思い

スタイリッシュガイ部門の頂点にたった2016年。

そして・・・

 

予選敗退を味わった“2017年のビースティ部門東京予選”

 

まるでディズニー映画のようなFitnessLife(笑) ディズニー映画って最初は輝かしい人生ですが必ず、ドン底に落ちますよね。

TOSHIもディズニー映画のように満足のいく結果を得てから、一度ドン底まで落ちています。

 

それでも、支えてくれる友人。そして応援してくれる仲間がいるから再び立ち上がれます。

筋トレ

1週間前になると、疲労という言葉がカラダから消えています。はやくステージに立ちたいという思いがあり、疲労<楽しみのほうが強いです。

しかし、ここでやってはいけないのが過度に追い込みすぎること。アドレナリンが出ているので疲れをあまり感じていませんが、確実にカラダはダメージを追っています。

 

調子に乗ってしまいがちな僕ですが、絶対にマックス重量に挑戦するようなことはしません(笑)

そんな事をやったら、本当に怪我をしてしまいます^^;

日曜日=背中


・ラットプルダウン×5

・ビハインドラット×4

・ロープーリ×5

・ベントオーバーローイング×4

・ワンハンドダンベルロウ×4

・デッドリフト×3

 

・月曜日=肩


・サイドレイズ×5

・アップライトロウ×4

・リアレイズ×5

・フェイスプル×5

・アーノルドプレス×5

・フロントレイズ×3

 

・火曜日=胸・腹筋


・インクラインダンベルプレス×5

・スミスインクラインベンチ×4

・ケーブルクロスオーバー×5

・ディップス×3

・ベンチプレス×4

・クランチ×5

・ハンギングレッグレイズ×4

 

・水曜日=腕


・ロープダウン×4

・キックバック×4

・ケーブルカール×4

・ハンマーカール×4

 

・木曜日=上半身


最後の日はTOMOと楽しくトレーニングをする予定なので何が起きるかわかりません(笑)

今年は楽しくハツラツに減量ができているので、最後までこのスタイルでいこうかなと^^

 

・金曜日=オフ


ゆっくりとしている1日だと思います。

この日ばかりは少し炭水化物を多めに食べる予定です^^

 

といっても今までの減量も、炭水化物をしっかり食べているので、白米やサツマイモを中心にカーボを400g食べて調整するつもりです。

過度な塩抜き・水抜きはせず夕方まではお水も今までどおり飲みます^^

 

・土曜日=コンテスト

 

これが僕のコンテスト1週間前の過ごし方です^^

下半身をやらない理由は、ラストは上半身にフォーカスして鍛えることで質感を高められると思うのが理由の1つ。

 

もう1つの理由は、下半身のトレーニングをやるとカットがすこし薄くなります。

これは筋肉が張ってしまうのが理由としても考えられます。なので1週間前に終わらせ、確実に下半身のカットをステージ上で表現できるように僕なりに考えました。

 

合同トレーニングを取り入れる理由は・・・

戦友であり大切な友達でもあるTOMOが、マレーシアからわざわざ応援へ駆けつけてくれました。そんな彼と最後に思う存分トレーニングをして、楽しくコンテストを迎えようと思います^^

 

 

食事

コンテストの1週間前から、カーボローディング・ディプリートを取り入れる選手もたくさんいますが、僕は特にそのような事を今回は取り入れません^^

今回の減量のテーマは“健康的に元気ハツラツ”というテーマをもってやっています。

なので、極端にディプリートをするとフラフラしてしまいますので、2日間だけ炭水化物を100g程度ですこし枯渇させてから、コンテストの前日に炭水化物を多めに摂取するという手法でやってみたいと思います。

 

ボディビルダーさんや、海外のFitness選手は別として、僕のように筋肉が飛び抜けて大きくない選手は取り入れなくてもいいのかな?なんて思います^^

 

日曜日=300g

月曜日=250g

火曜日=200g

水曜日=80~100g

木曜日=80~100g

金曜日=400g

土曜日=バナナやハチミツ

これで調整していこうと思います。

 

炭水化物量が減るということは、必然的に摂取カロリーが下がるので、極端に減りすぎないようにタンパク質は、しっかり摂取していこうと思います^^

最後に

フラフラになって人様に迷惑をかけるくらいなら、しっかり食べたほうがいいと思います。

これは僕の経験談でもあり、自分に言い聞かせるという意味でもあります。

 

僕がまだ何も知識がなかった頃、減量をしていてフラフラで怒りっぽくなったりしていました。その姿をみた人たちはどう思うのか?

決して健康的だとは思いませんよね。

 

ただ、大会のコンセプトは“夏が似合う男”

僕が想像する夏が似合う男は、ハツラツとした笑顔でフレッシュで力あふれる男。そんな風に思います。

また、代表の金子賢さんも、「Fitnessを日本の文化にしていきたい」と大会挨拶で仰っていました。^^

 

僕らのようなFitness選手が健康的に姿を見せれなかったら、Fitnessが文化になるはずがないんです。だから今回の減量はハツラツに楽しくやる。というテーマを掲げました^^

 

サマースタイルアワードまで間もなくですね♪

選手の皆さん残りの期間悔いのないように楽しんでいきましょう^^

 

Fitnessを日本の文化にしていくために・・・

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一