筋トレ初心者に多い!!やってはいけないこと。あなたは大丈夫??

筋トレ初心者がやってはいけないことを今日は紹介させていただきます^^

 

以外にあなたもやっていることがあるかもしれません…

ちなみに今回紹介する、筋トレ初心者がやってはいけないことをやった場合120%、カラダはいい方向へ変わりません!!

なぜいい切れるかって?^^

それは僕が昔やってしまっていた重大な過ちだからです。それでは参りましょ〜♪

 

筋トレ初心者に多いやってはいけないこと

1日3食しか食べない

1日3食しか食べないと、筋肉を落としてしまい太りやすいカラダになってしまいます。筋肉の代表的な人とと言えば。

そう!

 

ボディビルダーです^^

彼らは1日少なくても5食も食べています!!小分けに食べることで暴食を防げるという利点ともう一つ大きなメリットがあります。

 

それは血糖値の急上昇を防げるということです。空腹の状態で食べてしまうと、血糖値が急上昇して、その血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

 

実はこのインスリン。

脂肪合成ホルモンとも言われているんです…

ボディビルダーは、脂肪がある程度低い状態をキープしています。なぜそんな事ができるのか??

それは、ずっと小まめに栄養(タンパク質)を摂取しているので筋肉の分解を防げて常に代謝が高い状態を維持できるからです。

 

間食で、おせんべいやその他のお菓子を食べるなら断然プロテインを飲んだほうが、カラダはいい方向へ変わります。

ボディメイク・ダイエットを成功させるには”タンパク質”を3~4時間おきに摂取することを意識しましょう^^

 

ただしい食事は

朝ごはん→間食→お昼ご飯→間食→夕ご飯。

この流れです^^

 

トレーニングが入る場合は、+プロテインを追加していきましょう♪

ランニングマシンの時間が長い

筋トレをしないで、長い間ランニングマシンに乗っている人が以外に多い^^;

ランニングをやりすぎると、筋肉が分解するという説もあります。TOSHIもランニングは長くても20分程しか最近はしていません。

 

カラダのメリハリを手に入れたい場合、ランニングよりも筋トレに注力したほうが確実にメリハリを手に入れることができます。

想像してほしいのが、マラソン選手と、短距離選手のカラダの違いです。

 

マラソン選手は細いけど、メリハリがあるとは言えませんよね^^

しかし、短距離選手はカラダのメリハリがありませんか?ということは、長いあいだランニングマシンで頑張ったからと言って、カラダにメリハリができないということがわかります。

 

僕も昔は、1時間もランニングマシンの上にいたことがありました。でも…ぜんぜんカラダは変わらない^^;

 

体重は落ちるのに、カラダは変わらない。そんな経験も僕にあるんです。

昔の僕と同じような悩みを抱えているあなたは、是非筋トレの頻度や時間を増やしてみて下さい^^

 

あなたにオススメの筋トレメニューはすべてこの中にあります。

初心者から上級者まで。週間筋トレメニュー大公開!

サプリメントに頼りすぎ

・プロテインを飲めば筋肉がつく

・カーボブロッカーを飲めば太らない

・・・

 

初心者の人に非常に多い言葉です。みんなサプリメントに頼りすぎている^^;

 

サプリメントは確かに必要ですよ。

ただ、普段の生活習慣を見直さない限りサプリメントの効果は発揮されません。まずはクリーンな食事と食べるタイミングを心がけましょう^^

まとめ

服を脱いで鏡の前に立ってみましょう^^

あなたのカラダは嘘偽りなしの、生活習慣の現れです・・・

 

いまのカラダよりメリハリや筋肉量をつけたいのなら、生活習慣&食習慣&筋トレのテクニックを磨く必要があります。

 

効果的に食事をして、ただしい物を食べれば必ずカラダは変わります!!

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一