サマースタイルアワードに向けてのTOSHIがオススメする食材を大公開!!

スポンサーリンク

一緒に 読みたい関連記事

スポンサーリンク

こんにちは^^

サマースタイルアワード横浜大会まで今日で41日となりますね。出場するみなさんは、いよいよ皆さん集大成となってくる頃でしょうか?

そこで今回は、僕がサマースタイルアワードに向けて取り入れている食材を特別に公開したいと思います。

 

普段からご覧になってくれている方からご質問をいただくことも多いのと、Fitness Circleは現役Fitness選手であるTOSHIが執筆しているので、コンテストに役立つノウハウもお届けしたいからです。

 

1人でも多くのかたが、Fitnessを通じてカッコよくなってもらいたい。そして活気あふれる国になってほしいと本気で僕は思っています^^

是非、今日の食材を取り入れてご自身のボディメイクに役立ててください^^

食材

牛ランプ肉

牛ランプ肉は、モモ肉の上についている部位でカロリーも100gあたり121kcalとかなり低くなっています。

 

牛肉には、9種のアミノ酸が含まれていてこれらは僕たちの体の中では決してつくられないものになります。なので何かしらの形で取り入れないと、体の中には入りません。

アミノ酸をあまり重要視しない人もいますが、きちんと摂取してあげないと筋肉の回復も、効果的には行なえません。

また、質の良い筋肉を作ることも難しいのではないかと思います。

鶏むね肉

ド定番のタンパク質源である鶏むね肉。

僕は血液型がB型なのであまり鶏肉が体に合いません。減量中は鶏胸肉やささみを中心として進める人がいますが、僕は鶏むね肉は基本的に1日1回、多くても2回にしています。

食べるタイミングはトレーニング後に必ずです。

トレーニング後に炭水化物とセットで食べるというのがマイルール。鶏むね肉は牛肉や豚肉、魚と比べるとかなり脂質が低くなっています。

 

炭水化物とタンパク質を効率的に体内に吸収させるために、僕は脂質をトレ後は特に避けています。

 

脂質を摂取してしまうと、吸収が遅れてスピーディに吸収されないんです。トレ後は1秒でも早く疲れた筋肉に吸収させたいので、僕は必ず鶏むね肉を食べています。

こちらは朝食のド定番です(笑)

朝から、肉を食べるぞ!という気持ちにそもそもなれなくて・・・

 

しかし動物性蛋白質は必ず摂取したいので、手軽に食べれて美味しいのが鮭です。鮭は白身魚に部類され、高タンパクな食材になります。

また魚に含まれている脂質は、脂肪燃焼作用もありますので非常にオススメです。

 

僕のinstagramをご覧になっている方たちの中には、「TOSHIは毎朝、鮭を食べているなぁ」と思う方もいるでしょう。

ちゃんとした理由があって食べているんですよ^^

白米

僕は幼少期から主食が白米でした。

減量中の人や、ダイエット中の人の多くは玄米や、サツマイモを食べる人もいます。

以前のブログでも書かせていただきましたが、僕はなぜか食物繊維豊富な食材をいたただくと、便秘になります・・・(笑)

なので僕の炭水化物のメインは、白米です。

 

白米はGI値が決して低いわけではありませんので、筋トレをしない日や、激しい筋トレをしない人にはオススメできません^^;

僕は白米を食べる代わりに、減量中は有酸素運動もしています。やはり白米は少し怖いというのも心の底では感じているんです(笑)

 

体質的に合うのでしたら、玄米やサツマイモを減量中・ダイエット中は取り入れましょう^^

セブンイレブン干し芋

お米を炊き忘れた時、お米が足りない時はセブンイレブンの干しイモに助けてもらっています(笑)

サツマイモはあまり合わないのですが、不思議と干しイモになると便秘にならないんですよね。

 

なんなんだこの体は・・・ってたまに思います。

 

セブンイレブンで買うときくらい白米よりGI値が低いものを食べて、“The減量”という気分を味わいたい(笑)なので、僕はコンビニで炭水化物を買うときだけは干しイモをチョイスしています^^

アスパラガス

減量中は摂取カロリー<消費カロリーなので体は疲れてきます。疲労困憊になる前に休筋日を取り入れるのも1つの手です。

しかし、なるべく活動代謝が高い状態を保ちたくさん動いて、白米を食べたい。といのが正直な気持ちです。

 

そこで役立つのがアスパラガスになります。

 

アスパラガスに含まれているアスパラギン酸という成分は、疲労回復効果が期待できるからです。

 

野菜を摂取しない人も多く見受けられますが、僕には考えられません。

サプリメントで補おうというのがそもそも間違っていて、野菜で補えないからサプリメントを摂取するのです。歯で噛むことを大切にしている僕は、野菜も必ず食べます。

 

Fitness先進国のアメリカを拝見しても、歯で噛むことを大切にしている印象が見受けられます。先進国のマネをしない後進国に未来は無いと思いますので、僕は野菜もしっかり食べています。

 

まとめ

今回は、僕が実際に大会に向けて食べている食事を紹介させていただきました。

あなたに合う食材はどんなものですか?^^

 

自分にあった食材を見つけるまでには、時間がかかりますが身長にみつけていきましょう。

あなたにあった食材がみつかれば、今よりも楽に減量ができますよ^^きちんと食べながら、納得いく体をつくるために色々な食材も試して、みつけていきましょう。

 

それではまた^^

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一