これだからケトジェニックダイエットは続かないんです!ありとあらゆる方向からぶった切りました!これに気づいて正しいダイエットをしていきましょう。

ケトジェニックダイエット!このダイエット法、聞いたことありますか?

このダイエットで失敗したり、苦しんでる人があまりにも多すぎるなぁと最近つくづく思います!

 

  • 毎日いただく公式ラインのメッセージ
  • インスタライブでのコメント

などから、かなり間違ったダイエットをしている人が多いと思います。

 

結論から言うと、ケトジェニックダイエットは続かないからやめてください!

 

今回の記事では、ケトジェニックダイエットの内容と、続かない理由を徹底的に解説させていただきます!

そもそもケトジェニックダイエットとは?

ケトジェニックダイエットは簡潔に言うと、脂肪をエネルギーとして行うダイエットです。

専門的に細かく言うと

  1. βヒドロキシ酪酸
  2. アセト酢酸
  3. アセトン

この三つの物資をケトン体といって、これをネルギーにした状態をケトーシスといって、これに沿ってダイエットをすることを“ケトジェニックダイエット”と言います!難しい上記3つの物質名は、覚える必要はないです(笑)

 

要は、餓状態になると、ケトーシスになると言われていて、糖質を完全に抑えることによってケトーシス状態になると言われています。

ケトジェニックが続かない理由

炭水化物を食べれない

ケトジェニックダイエットでは、炭水化物は絶対に食べれません・・・

この時点で僕からしたら無理!

だって、、、炭水化物って美味しいじゃないですか(笑)それに小さな頃から、当たり前に食べていた米や麺類を断つって嫌ですw

 

短期的なダイエット目的で、やるならいいじゃん!と思う人もいると思いますが、それじゃダメなんです。

だって、炭水化物の食べ方をマスターしないと言うことは、ケトジェニックダイエットをして痩せたとしても、

  • 痩せた後どうするの?
  • 炭水化物を食べたら太るでしょ?

そして、そうやって失敗してきた多くの人に、炭水化物の食べ方をマスターしてもらってダイエットを習慣化していただきました!

 

だから炭水化物を食べながら、痩せることに意味があると思います!太るとか痩せるとかの前に、炭水化物を食べるなって、今まで僕は当たり前のように食べてきたので、今更食べるなって言われても無理です(笑)

お金がかかりすぎる

脂のあるお肉をたくさん食べないとできない。

例えば

  • サーモン
  • イワシ
  • アジ
  • 牛肉
  • 豚肉

などなど^^

これを毎食毎日、食べることを少し想像してみてください・・・すっごいお金がかかると思いませんか?ましてや家族いたら尚更^^;

 

それなら缶詰はどうか?という意見もあると思いますが、痩せたいために、わざわざ添加物や化学調味料が多いものを率先して食べると、それは健康を害すようなものです。

 

他にも鶏肉の皮を食べたらどうなのか?と思う人もいるかもしれませんが、わざわざ体にとって悪い脂質を食べることに、本当に健康的なダイエットができると思いますか?

僕は痩せるなら、心身ともに健康的に痩せてほしいと思いますので、このような角度からもケトジェニックダイエットはオススメできません。

飲み会でも意識しなくてはいけない

ケトジェニックダイエット中は、糖質を絶対に食べてはいけません。食べるとケトーシス状態が解除されてしまいます。

この場合、また1からケトーシス状態を作り出す必要があります。となると、飲み会や他のイベント時でも細かな意識をして食べなくてはなりません。

 

例えば

  • 食後のデザートを絶対に控える
  • お酒は絶対に蒸留酒
  • 砂糖を食べれない
  • 米や麺類はありえない
  • ドレッシングもNG

ザッと、このくらいは出てきてしまう。これって人生楽しめますか?

 

僕はダイエットをしながら、人生も楽しみたいし、人付き合いも壊したくない。なるべく無理なくストレスフリーで、生活リズムをあまり変えずにしたいです。

なぜなら、それこそ習慣化できる本当のダイエットだと思うからです

停滞期が来たらかなり知識が必要(ローファットにする)

ローファットにしなければいけない。(ローファット=低脂質。)

簡単に言うと、停滞期が来たら、今までの高脂質食では体重が落ちなくなるため、食事を大きく改善しなければなりません。

 

高脂質ダイエット→低脂質ダイエットに移行。でも、これって一般的に、かなーり難しい話だと思います。

なぜなら、僕らのようなフィットネス選手でさえ、ありとあらゆる自分の「知識」「経験」をフル活用して、低脂質ダイエットに移行すると思うんです。

 

と言うことは、これが一般のダイエッターさんがどれだけ、できるのか?と言う話になります。おそらく殆どの人が闇雲に脂質を落とす。

そして、糖質もどのくらい食べたらいいか分からず、必要量よりも大幅に減らしてしまう。すると、体が危機的な状態と判断して、ホメオスタシスと言うホルモンが働きます。

 

このホメオスタシスが働いてしまうと、ますます停滞期から抜け出せません。「エネルギーを摂取できない」+「体重が落ちない」。心がズタボロになって、ダイエットが終了。そしてリバウンドをしてしまう。これがオチだと思います。

トレーナーの中でも、綺麗に健康的に減量やダイエットができてない人が多いのだから、お客様たちが健康的にダイエットができるのは、なかなか想像できません・・・

 

僕は、高脂質ダイエットをして、そこから停滞期が来たら今度は掌返しの如く、脂質を制限して、糖質を食べると言うダイエットはしたくありません!

あまり変化が起きないように、健康的に痩せた方が、心も体も頭も疲れずにダイエットができると思うんです。

と言うか、経験から言わせてもらうと、無理なく頭もそこまで使わない事の方が、続けられるんです^^

続けられることだけやりましょーよ!

一時的に痩せようとしたら、何だっていいと思うんです。

  • ケトジェニックダイエット
  • 置き換えダイエット
  • ささみブロッコリーダイエット

他にもなんでもいいと思うんです!

 

でもね!でもね!

それ、あなたの理想のダイエットじゃないでしょ?

究極の理想のダイエットは【生涯リバウンドのないダイエット】だと思う!だから、続けられることだけやりましょーよ!

一時的に痩せたとしても、リバウンドをしたら本当に心も体も辛いだけです。

 

だからさ、しっかり続けられる事をして綺麗に痩せていけるように頑張っていきましょう^^

正しいダイエットができるように、これからもしっかり発信をさせていただきます!

 

と言う事で、ケトジェニックはやってはいけません!と言う記事でした*\(^o^)/*

ではまた!

 

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一