コンテスト前のカーボアップとディプリート、水抜き塩抜きをやらない理由。

こんにちは^^

いよいよKing of Kingが明後日となりました♪今朝の体重や70.0kg。しっかりと絞ったと感じます^^

目標だった70kg代で仕上げることができました。

 

今回は僕が、コンテスト前にカーボアップやディプリート、水抜き塩抜きを行わない理由をまとめてみたいと思います。多くのFITNESS選手は行っていますので、なかなか見れない記事だと思いますよ(笑)

コンテスト前の調整方法

カーボアップをやらない理由

カーボアップとは、筋グリコーゲンに炭水化物を溜め込んでコンテスト直前にパンプアップを行うことで、一時的に大きく見せられるというテクニックです。

コンテスト前に行う選手は多くいますが、僕は行いません。このカーボアップって本当に難しんですよね…

 

一度やったことがありますが、そのときは体重(68.0)×10倍の炭水化物を摂取していました。ですので炭水化物量でいうと、約680g摂取をしていました。

この量は白米で表すと約1600gとなります。(笑)

 

もちろん白米だけではなく、バナナや餅、オートミール等々で摂取をするのですがドンピシャで当てはめるのが本当に難しいテクニックだと思います。

オリンピアメンズフィジークのチャンピオンだった、ジェレミーブエンディア氏も「カーボアップの量ははかなり難しい」とNetflixのThe Perfect Physiqueで言っていました。

 

僕の考えですが、カーボが体質的に合う人はやったほうがいいと思います。しかし、TOSHIのカラダはそこまでカーボを摂取しなくてもパワーダウンせずに減量を行うことができました。

ということは、それほどカーボ(炭水化物)は必要ではないということがわかりますね^^

 

完全にカーボを摂取しなくなると、力がでなくなるのは目に見えているので行いませんが1日あたり100~140g摂取できていればパワーダウンせずにハードトレーニングが行なえます♪

数ヶ月かけて一生懸命作ったカラダを、極端なカーボアップで台無しにしても悲しすぎるので行いません^^

 

FITNESSユーチューバーの“カネキン”も、カーボアップは魔法ではないので極端なことがしないと仰っています♪

ディプリートをやらない理由

ディプリートとは、体内の炭水化物を枯渇させることを目的とした行為です^^

カーボアップを行う前には、必ず行います。カーボアップとディプリートはセットといっていいでしょう。

 

このディプリートの目安ですが約2~3日かけて、行うのが理想とされています。長い人ですと5日やる人もいるそうです。

たった数日で3kg減したという、筋友(筋トレで知り合った友人)もいましたが、それは脂肪ではなく筋肉も犠牲にしているのではないかと僕は思います。

 

1ヶ月で2~3kg減を理想としている僕にとっては、数日で3kg減はあまりにも過酷だしハードトレーニングができなくなってしまうのが目に見えています。

ですので、そんな極端なことはせずに計画を立てて80~120日の間で自分のカラダをピークにもっていけばいいのにな。と思ってしまいます^^

 

※人それぞれのやり方があるので、何が正しくて何が間違っているというのはありません。あくまでも僕のやり方ですからね^^

塩抜きをやらない理由

塩を抜いてしまうと、ステージ直前のパンプアップのときに全く筋肉が張らなくなってしまいます。

これはすでに経験済みです(笑)

 

以前のコンテストで、1週間前から目に見える塩を抜いて味付けは一味・こしょう。だけ(笑)

 

そんな事をやっていたら、いくら筋肉に刺激を与えても全然パンプしてこないという事があったんです^^;筋肉を張らせるには水分とナトリウム(塩分)がマストなので、そんな知識がなかった僕は”自虐行為”をしていたんです(笑)

 

知識がある程度ついてくると、美味しく食べながら減量ができるから本当に楽しいですよ♪

 

今回の大会はしっかりと塩分も摂取しながら、挑みたいと思います^^

水抜きをやらない理由

人間のカラダは、半分以上が水分で作られています。その体から水分を抜くという行為がめちゃくちゃリスクが高いです。

人によっては、腎臓に大きなダメージを抱えてしまう人もいます。

これが、FITNESSに携わっていない人ならまだしも…僕のようにパーソナルトレーナーとしてFITNESSの最前線で働いている人が、健康を維持できなくてどうする。と考えてしまいます。

 

【1つ目の理由】

FITNESSの素晴らしさを日本中に届けて、【健康美貢献】をしていきたいと本気で思っているので、まず自分が健康であること。

 

【2つ目の理由】

水抜きをしても、それは水分が抜けるだけであって極端に見た目が変わるわけではありません。

しっかり絞れていれば、直前になって焦ることもないので、計画的に減量をしていればやらなくてもいいという話です。

水分調整を間違って浮腫んでしまったというのは言い訳に過ぎず、僕はしっかりと絞れていれば変なことをしない限り、カラダはそう簡単には変わらないと思っています^^

最後に

泣いても笑っても”あと2日”

僕は前日までトレーニングを行います。今日はポージング練習にフォーカスをしていきますが、明日は僕のコーチである本野さんとトレーニング♪

 

最後の最後まで、元気にモリモリ楽しく鍛えていこうと思います^^

会場に起こしくださる方。もし僕をみかけたら気軽に声をかけてくださいね♪

緊張しているので、一緒に写真を撮ったりできたらなと思います。

 

よろしくおねがいします♪

それではまた^^

 

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一