合同トレーニングは追い込み過ぎ注意(笑)背中編

合同トレーニングはかなり追い込める。今日は自分の身をもって体感しました・・・

昔のジム仲間であるフィジーカーのフェルナンドと、背中トレをしてきました^^

フィジーカーとなるとやばすぎて、減量中の僕はついていくのでやっと…(笑)

 

本日おこなった背中トレーニングとポイントをまとめていきたいと思います。

背中のトレーニングメニュー

Photo By: @shingo.1030 . . Isso foi apenas uma experiência, meu sonho é estar junto com os PRO, eu sei que consigo, Porque não? O sonho é meu, sonhe alto. O sonho é seu. Esse ano confesso que foi de muita luta porém uma grande conquista🥇 . . 自分でも覚えてなかった誕生日、今年の感想は自分が想像していた以上に目標達成して色んな新しい出会い、選手達や人生との経験。 けど夢はまだ奥深い、今年は初経験、夢はアメリカ、僕は行きます。 . . . #bodybuilding #npcj #physique #dedication #aesthetic #focus #japan #gymlife #mensphysique #workout #instafit #instagood #insta #fitnesslife #abs #ifbb #npc #goldsgym #夢 #頑張る #絞り #シックスパック #フィットネス #筋トレ #トレーニング #フィジーク #ジム #ゴールドジム

Fernando Sato フェルナンド 佐藤さん(@ferrsato)がシェアした投稿 –

ラットプルダウン

ラットプルダウンは引いてくる時に、あえて猫背になりグリップをヘソに落とすイメージ!

今までやったことのないフォームでしたが、下背部+広背筋側部への刺激がすごいすごい(笑)

 

15回行ったあとに、すぐ重量を下げてドロップ(笑)

15回+10回×4セット

 

この時点でヘロヘロです・・・^^;

 

1セット目から完全に追い込むのがポイントです!

リバースグリップラットプルダウン

小指と薬指で握り、残りの指は全く力を入れずに行います。

 

引く時は必ず、ヘソに落とす!

これがポイントです^^

 

この種目もラットプルダウン同様ドロップセット(笑)

15回+10回×4セット

ナローラットプルダウン

ナローラットプルダウンは、重量を使わず丁寧に刺激をするのがポイント。

重量だけになると、必ず後半のトレーニングが雑になってしまいます。

 

体力がなると注意力散漫になりがちなので…

 

その理由から僕とフェルは重量を下げて、丁寧に行いました。

回数は15〜20回を目安にセット。

トータル3セット^^ドロップではなかった(笑)

ワンハンド・ダンベルロウ

ワンハンド・ダンベルロウでは力の差を痛感…・^^;

僕は34キロでワンハンド・ダンベルロウを行いましたが、フェルは47㌔?くらいだったかな。

(吐き気があり重量があいまい。笑)

しかし、ありえない重量で行っていました^^;

 

ただし重量が上げすぎると体幹で保持できなくなり、正しいフォームでできなくなります。

自分の扱える最大限の重量で行いましょう!

 

ポイントはダンベルを背骨の方に寄せる!ではありません(笑)

一般的にフォーム^^

 

今回取り入れたのは、ダンベルを持ち上げてくる際に外に投げるイメージ!

おろしていく時は、広背筋に最大限ストレッチを利かすこと^^

 

この種目は今までで1番刺激が入った種目です^^

背中が取れるかと思いました…

 

34kg+14kg×3セット

・・・またまたドロップ(笑)

ローロウ

この種目も広背筋の広がりを意識してトレーニング!

ストレッチをかける際には、広背筋を後ろから押し出すイメージ。

 

下背部にもストレッチが欲しいため、戻していく際は胸を張ったまま戻すように意識しました。

 

10回+10回×4セット

ドロップ…(笑)

最後に

フェルは、僕が失恋をしてすぐに入会したティップネス時代の友人で、2017年NPCJノービスで優勝をしています。

ノービスとは思えない体の仕上がりでした(笑)

 

今後の活躍が更に期待できますし、僕も刺激をいただける戦友なのでこれからも合同トレーニングが増えていきそうです!

 

コンテストで結果を残す人たちに、共通していることは

・減量中でも炭水化物をしっかり食べる。

・トレーニングはめちゃくちゃハードに追い込む

 

ということです。

 

コンテストに出場するためのトレーニングは辛くて当たり前。

しかし、コンテストで優勝した時の感動や達成感は、表現ができないほど嬉しい!

 

だからやめられないんでしょうね^^

 

今日で3月も終わり!手足が冷たくなって、汗が出なくなってきたので久しぶりにマクドナルド様をいただきました^^

 

来月もよろしくおねがいします!

それではまた^^

公式LINE 友だち募集中!

まだ僕とLINEでつながっていない場合は、ぜひ下のボタンから追加しておいてくださいね!



今なら友だち追加後すぐに、

■ −48kgダイエットに成功したお客様がリバウンドをしない理由

■ 「痩せやすい体」をつくるには?

■ 糖質制限ダイエットをおすすめできない理由を解説!

■ ダイエット中でも安心!外食でのお店の選び方

上記4本のダイエット講義を完全無料でプレゼントしています。

なにかお悩みがあれば、ご相談やご質問も受け付けていますので、ぜひ♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一