筋トレメニューを変える5つのタイミング

コツコツ筋トレをしていると、体の変化は誰でも感じることができます。

しかし、鍛えているのに最近カラダが変わっていないなぁと感じたり、精神的にもマンネリ化するときが必ずきます。

僕だって今まで、たくさんきました^^;

僕も年中同じ筋トレをしているわけではないし、筋トレメニューを変えて取り掛かっています。

 

そこで今回は筋トレメニューを変えるタイミングを、僕なりの考えを交えつつ5個紹介させていただきます。当てはまる方は、筋トレメニューを変えてダイエット・ボディメイクに取り掛かってきましょう。

筋トレメニューを変えるタイミング

筋肉痛がこなくなった

筋肉痛が来なくなってしまったらそれは筋トレのメニューを変えるタイミングになります。

筋トレも同じ重量、同じ回数、同じインターバルでいつもやっていると、ただ熟すだけという作業になってしまいます。

筋肉痛がこなくなったら

・インターバル

・種目の順番

・レップ数

・重量

を変えて新しい刺激を与えてあげましょう。飽きてしまった

イヤイヤ筋トレしている

筋トレをしていて、気分が乗らない時は誰にでもあります。今でこそ僕は筋トレを毎日やっても楽しく継続できていますが、最初の頃は嫌になることもありました。

(ぶっちゃけちゃいました・・・(笑)

 

1週間ほど休んでしまうのもいいかと思います。ただ、それだけ休んでしまうと筋肉の発達は当然のことながら望めません。

 

それが怖いという方は

友人と一緒にジムに行ったり、大切な恋人がいたら仲良くジムでトレーニングデートなんていうのもいいかもしれませんね♪

楽しくトレーニングをするという事を忘れてしまうと、継続することができません。

楽しみながら継続していきましょう^^

疲れが取れない

真面目な人ほど、トレーニングを頑張りすぎてしまい疲労が蓄積されてしまいます。するとオーバートレーニングという症状に陥ってしまい

集中力がつづかない

倦怠感が抜けない

怪我をするリスクがあがる

といったように、様々な症状が見受けられます。

 

休むのもトレーニングです。しっかり休養も入れてトレーニングを継続していきましょう^^

軽々こなせるようになった

軽々こなせるようになってきたら、それはあなたの筋量やトレーニングレベルが上がった証拠です。

そういった場合は、トレーニングの重量がをあげてみたり次のトレーニングSTEPへ繋げていきましょう!!

トレーニングとは、軽々できるようになったら次のステージに踏み出すサインだと思っています。

 

以前ぼくのブログでも紹介したトレーニングメニューがありますので、参考程度に取り入れてみてください。

▼週間トレーニングメニュー▼

初心者から上級者まで。週間筋トレメニュー大公開!

トレーニングなかの極度の倦怠感

減量中やダイエット中の人に、多く見られるのが倦怠感。トレーニングをしていても重量が下がってきたり、今までよりパフォーマンスが落ちてきている。

という現象に陥ったら、それはカラダからのSOSサインだと思いましょう。

 

僕もたまにあるんですよね^^;トレーニングに集中できなくなるくらいの倦怠感が・・・

これは筋トレが問題ではなく、普段の食事に問題があります。摂取カロリーが極端に低いと、活力のある筋トレができなくなります。

PFCバランスという数値がボディメイクには大切になりますので、まだ学んでいないようでしたら是非学んでください。

▼健康的にボディメイクをするPFCバランスはこちら▼

減量中に意識するPFCバランス。

まとめ

いかがでしたでしょうか^^

筋トレのメニューを変えるタイミングを紹介させていただきました。

メニューを変えると、新しい刺激を得ることができて筋トレが更に楽しくなるということもあります。

それではまた!

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 サマースタイルアワード 2016 全国大会 優勝 サマースタイルアワード 2016 全国大会 オーバーオール