筋トレ中に携帯を使うと、筋発達が凄まじく遅れる…

今日は朝から北千住ゴールドジムで背中のトレーニングをしてきました。これが本当の朝活(笑)

 

そんな中、トレーニングが終わりプロテインを飲みながらジムエリア眺めていると

・カッコイイ体をしている人

・カラダができていない人

両者の決定的な違いを、発見しました。

 

携帯をいじりながら鍛えている人は、カラダができていない人が多いと感じました。

 

なぜ携帯をいじりながら鍛えると、筋肉がつきにくくなるか。その理由と僕なりの考えとを今回は紹介していきたいと思います。

筋トレの大原則

筋トレの目的はなんですか?

多くの人は今よりもカッコイイ/美しい体になることが目的だと思います。目的なくして筋トレをする人はいませんね^^

 

筋肉は、限界まで追い込まなければ効率よく成長させることはできません。

 

“筋肉を効果的に成長させたければ、限界まで追い込む”

これは筋トレの大原則なんです!

 

亀のペースでゆっくり成長させたいという人もいるかもしれませんが、どうせジムにお金を払っているなら、なるべく早くカラダを変えたくありませんか?

少なくとも僕は、1秒でも早く理想の体になりたいと思ってしまう人間です^^

携帯をいじってはいけない理由

インターバルが長くなる

筋トレの効果を上げるためには、インターバルの設定も大切になってきます。なぜなら筋肉を成長させるポイントは【筋肉を疲労させる】という事が“カギ”となるからです。

 

効果的なインターバル時間は60~90秒と言われています。

60秒後にトレーニングをスタートさせる場合、準備等もありますので50秒後くらいから動き始める必要があります。

プレート等で重量を変える場合は、セット終了後すぐに動き始めなければ、60秒後にスタートできるはずがないんです^^;

 

一刻を争う中、“携帯電話・スマートフォン”を使っていたらタイムオーバーとなり、時間だけが過ぎ去る。そして筋肉の休憩時間も長くなってしまいます。

 

結果…筋疲労を効果的にさせることができなくなってしまうんです。

筋トレに集中できない

筋トレ中に、

 

instagram・Twitter・Facebook等を使ってしまうと筋トレに集中することができません。

脳は、他の事を一度考えてしまうと、なかなか切り返しができないものです。

 

恋愛だってそうじゃないですか?(突然ぶっこむ…笑)

 

好きな子がいたとして、一途にならなければゲットすることはできませんよね?

 

稀に超器用な人は二股をかけて、付き合っていく人もいますが・・・それは天才です(笑)

少なくとも僕にはできませんし、そんな無駄なことはしません。

 

一途にならなければ!!

 

いつもどおり話がそれてしまいましたが(笑)

筋トレ中は一途にならなければ、効率的に筋肉を成長させることができないんです。

 

アメリカの研究でもデータが出ていて、携帯電話を使わせながら鍛えた団体は、集中力を保つことができなかった。というデータも出ています。

 

繰り返しになりますが、筋トレで効果的にカラダを変えるには集中して筋肉を追い込むことです^^

熱が冷めてしまう

筋トレ中に、携帯電話やスマートフォンを使っているとが冷めてしまうと思うんです。

 

インターバルを取る度に、携帯電話をつかっていたら集中できるものもできません。

 

“やる時はやる”

このメリハリは何に対しても必要だと思います^^

 

僕も昔は、インターバルを取る度にTwitterや、メールの返信をしていました。

 

ただ、カラダも変わらなければトレーニングも上達しなかったという結果です。

 

当時の師匠から「トレーニング中は携帯電話を捨てろ!」と言われたことを今でも忘れません^^;

 

トレーニング中に携帯電話を使わなくなってからは、自然とカラダが変わるスピードも早くなったんですよね♪

それだけ集中力というのは大切だということがわかりますね^^熱が冷めてしまうと、できるものもできなくなってしまいます。

筋トレ中に携帯を使わなくなる方法

僕が筋トレ中に、携帯電話を使わなくなった方法はたった1つ。

 

それはロッカーの中に携帯電話をしまってしまうということです。超急ぎの仕事もあると思うんです。

そんな時でも、一旦こちらから連絡をいれて、60~90分間は返信もしないという状態を作ります。

そのくらい徹底すると変わりますよね^^

 

慣れるまではロッカーの中に突っ込んで、無理矢理でも使えなくなる状態を作ってしまえばトレーニングに熱を込めて取り組めると思います(笑)

 

僕は極論の人間なんです^^;

まとめ

あなたは筋トレ中に携帯を使ってしまうことはありませんでしたか?

もう一度自分のジム内習慣を見直しましょう。

 

カラダが変わっていないと思うなら尚更、見直しは必要です^^

 

“やる時はやる”

メリハリのある筋トレ習慣を身に着けて、効率よくカラダを変えていきましょう!

 

それではまた^^

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一