プロテインダイエット・・・ダメ!ゼッタイ!

ひとり暮らしの時は家にTVを置かなかったのですが、実家に変えるとついついTVを見てしまいます(笑)

ただ、TVをみないと中々世の中の流れを知ることができないので、TVがあってもいいのかなと真剣に思ったTOSHIです^^

 

そうそう!

そんな中、ある番組をみていると“プロテインダイエット”なんていう、やつれてしまいそうで何の知識もない人が、やってしまいがちなダイエット番組がやっていました。

でもTVのちからは凄まじい・・・

正直、僕のFitness CircleではTVの影響力には敵わない。コールド負けですよ(笑)

 

しかし、このブログを読んでくださる読者の方々には間違ったダイエットをしてほしくない。

また、僕と触れあう方たちには“健康的で元気な人になり理想のカラダを手に入れて欲しい”と心の底から思っています。

プロテインダイエットをしちゃいそうな人に、数少ないメリットと星の数あるほどあるデメリット。そして僕が考える、正しいダイエットをお伝えしていこうと思います。

プロテインダイエット

そもそもプロテインとは

そもそもプロテインとは、みなさん“筋肉増強剤”のようなドリンクだと思いがちですが(筋トレしていない人は特に)、プロテインとはタンパク質という意味。

お肉や卵と変わりません^^

 

運動をしていない人でも自分の体重1×1gのタンパク質が必要だと言われています。

体重60kgの人なら1日にタンパク質量が60g必要になるという計算になりますね^^

 

例えば)

タンパク質60gをお肉だけから摂取しようとすると、1日に約600gのお肉を食べなくてはなりません。かなりの量になりますよね^^;

これは現実的に難しいので、「プロテインを飲みましょ」と言われているのです。

しかしプロテインダイエットをする人は、プロテインドリンクを主食に置き換えてしまいます・・・

 

当然のことながら長続きするはずもなく、数ヶ月で終了…

そしてリバウンド^^;

 

数少ないメリット

プロテインダイエットのメリットを紹介したところで、オススメはしませんが・・・

紹介だけさせていただきますね^^

・簡単にタンパク質を摂取できる

・甘い物が飲めるので、満足感が得られる

この2つくらいでしょうか。

 

タンパク質を補給するという面では、非常に役に立つアイテムとなりますが、3食のうちの1つに組み込むというのはオススメできません。

プロテインとは栄養補助食品であり、タンパク質が足りないから摂取をします。普段の食事から必要量摂取できていれば、飲む必要もないんです^^

 

現実的にも難しいので間食で飲んでいる、トレーニーは僕も含めてたくさんいます。

 

ほとんどのプロテインは甘く作られているので、非常に満足感はありますね^^ダイエット中&減量中は甘いものをなるべく避けなければ、糖質が多くなりダイエットが捗りません。

そんな時に飲むプロテインは、格段に美味しく感じます^^

星の数あるデメリット

プロテインダイエットを試みる方に一旦立ち止まって欲しい。デメリットが多すぎることをこの場で学んでいきましょう^^

・空腹感が強くなる

・3食のうち1食は液体のみ

・生涯続けることが非常に困難

・プロテイン以外の食事で、暴食に走る傾向が出てくる

・朝ごはんに置き換えると痩せにくくなることもある

 

ざっくり書かせていただいてもこのくらいはあります。^^;

最後に書いてある、朝ごはんに置き換えると…というところは、DITという話になります。食事誘発性熱産生のことになるのですが(長い名前なのでDITと略します)朝が一番高いんですね^^

 

DITは『朝>昼>夜』という順番でどんどん低くなってしまいます。

なので食べることで一番カロリーを消費するのは朝なのです♪朝は、モリモリ食べたほうが痩せやすいということがわかりますね^^

 

ちなみにTOSHIはただいま絶賛減量中ですが朝食は

・ほうれん草

・卵3個

・干しいも160g

・味噌汁

・キムチ

・鮭

このくらいモリモリ食べています^^

 

朝に食べるとカラダの中から温まってくる感覚があるので、朝食はプロテインだけにするなどという、勿体無さすぎることは絶対にしません。

正しいダイエットとは

イライラしない

ダイエット中に、空腹感が強くなってしまいイライラしてしまう人も多いかと思います。僕もFitness選手として走り出しの時は、減量の仕方がわからずイライラしてしまうことが多々ありました。

減量方法がわからなかったため、空腹感が強くなる。そしてイライラする。

周囲の人にも悪影響・・・最低ですね^^;

 

ただ、過酷な減量から学んだこともあります。

 

しっかり食べて、しっかり動いて、減量期間を設定することで精神状態も崩さず減量をすることができます。

今回の減量は今までにないくらい、スムーズに楽しくできています。これが本当の減量なんだな。と身にしみて感じています^^

ダイエッターの方、トレーニーの方もイライラしてしまったら自分だけでなく、周囲の方たちにも悪影響を与えるということを忘れてはいけません。

 

精神的に辛くなってきているのなら、それはダイエットの仕方が間違っているということに気づきましょうね^^

この記事をチェック

健康的に痩せるために、以前の記事で正しいPFCバランスを紹介させていただきましたので、チェックをしてください^^

“健康的で元気な人”になるために!

減量中に意識するPFCバランス。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロテインダイエットをやってみよかな。という人の歯止めになれたなら幸いです^^

 

間違ったダイエットをするのではなく、正しくアプローチをかければ誰でも必ず、ダイエットを成功させ理想のカラダを手に入れることができます。

 

TVの力に左右されずに、“不変的なダイエットを選択して健康的で元気な人”になりましょ^^

 

それではまた!

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 サマースタイルアワード 2016 全国大会 優勝 サマースタイルアワード 2016 全国大会 オーバーオール