おすすめのプレワークアウトサプリ!!

減量を進めてくると、どうしてもトレーニング中の集中力がキレてしまうことがあります。

あなたはありませんか?

 

僕はどうしても、トレーニング中盤~終盤にかけて集中力が切れやすくなります・・・

しっかり栄養を摂取していても、脂肪が少なくなってくるからなのか又は食べている量が足りないのか?

まっ!理由をいちいち考えているなら、プレワークアウトサプリに頼り集中力をあげようという、きっぱり割り切ってしまうタイプです(笑)

今回、購入したプレワークアウトサプリが味も抜群、僕のカラダにドンピシャでハマってトレーニング中のパンプが凄まじいので、商品レビューをしたいと思います^^

プレワークアウトサプリとは

プレワークアウトサプリのプレとは?

プレ=前にという意味があります。

 

筋トレ前に飲むサプリのことをプレワークアウトサプリと呼びます。海外のFitness選手のほとんどは、筋トレ前に摂取をしています。

筋トレパフォーマンスの向上効果が期待できるサプリメント^^

今回購入したプレワークアウトサプリ

BPIのプレワークアウトサプリを購入してみました^^今まではC4″というサプリメントを摂取したこともありますが、手足がピリピリする感覚があって個人的にあまり好きでなかったのです。

しかしBPIは、ピリピリする感覚もないので、飲んでいても特に副作用はありません^^

成分内容

主な成分内容は

・ナイアシン

・カフェイン

・GABA

・L-カルニチン

が含まれています。

 

僕がこの中で特に重要視するのが、GABAです。ほとんどのプレワークアウトサプリには脂肪燃焼効果ができるL-カルニチンと集中力がアップされるカフェインは含まれているので、特に着目はしません。

GABAは副交感神経を活性化させ、脳と体にリラックス効果をもたらしてくれます。

 

トレーニング中に意識することは、如何にしてリラックス状態を保ち筋肉を追い込むことができるのか。と僕は意識をしています。

緊張した状態だと、ハイパフォーマンスは生み出せないからです。

 

BPIプレワークアウトサプリにはGABAが豊富に含まれていたので、今回購入してみました♪

摂取方法

筋トレの15~20分前にコップ200mlの水と一緒に、付属スプーン擦り切り1杯のサプリを飲みましょう。

就寝する4時間前に飲んでしまうと、カフェインなどの成分で睡眠の質が下がってしまう可能性があるので控えましょう。

 

筋トレ前に多くの水をガブガブ飲んでしまうと、お腹が張ってしまい胃が疲れてハイパフォーマンスの筋トレをすることが難しくなってしまいますので、200mlで飲むというのが僕のこだわり♪

初めて飲む人の中に多い傾向としては、プレワークアウトサプリをたくさん飲めば、さらに筋トレの質が向上するのかな?と思いたくさん飲んでしまう人も稀にいます。

しかし、健康的にもあまり良くないので1日1杯以上は飲まないようにしましょう。

 

<飲み方まとめ>

・筋トレ15~20分前に付属スプーン1杯+200mlの水と飲む

・1日1杯まで

・就寝4時間前には飲まない

使ってみての効果

使ってみての効果は

・減量中にバテそうな時

・もう1レップ上げたい

・最後の踏ん張りが欲しい

という時に、いつもより精神的にも肉体的にも頑張れると感じました。

 

どうしても減量中って、最後の踏ん張りが弱くなってしまうので僕は今後もプレワークアウトサプリを摂取していく方針です^^

増量中は体にエネルギーが溢れているので、飲まなくてもいいのですが減量中は飲まないとダメだと思いました(笑)

商品はこれ

僕が飲んでいるプレワークアウトサプリはこちら^^

まとめ

いかがでしたでしょうか^^

以前も書きましたが、サプリメントに手を出せばキリがありません。

自分の状態や目標に合わせて必要なサプリメントを摂取していきましょう^^

 

僕は減量終盤に差し掛かろうとしているので、そろそろ仕上げに入る段階です。なのでプレワークアウトサプリを摂取しています。

増量中や減量中期までは摂取をしません。秘密兵器として導入をしましたので、あなたもご使用する際は自分の状態に合わせて摂取をしてみてください。

 

それではまた!

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 サマースタイルアワード 2016 全国大会 優勝 サマースタイルアワード 2016 全国大会 オーバーオール