減量期に有酸素運動を行うメリット!!

梅雨はジメジメしていて、本当に嫌いです…

傘という荷物が増えて、携帯という必需品を忘れてしまいました(笑)

 

今日は僕がなぜ減量期に必ず有酸素運動を取り入れるかを、僕の考えを交えつつ紹介させていただきます。

 

有酸素運動を行うメリット

食べられる量が増える

有酸素を行うときは、ウエイトトレーニングとセットにして行っています。これをハッピーセットと呼びます(嘘)

減量中の一番の誘惑は、食事ですね…

 

しかし、ウエイトトレーニングとセットで行うことで、消費カロリーが増えるので普段より多く食べることができます。

例えば、バイクやランニングマシンで200kcalを消費すると、おにぎり1個分消費したことになります。

 

ということは…

有酸素運動をやることで、減量時でもおにぎり1個多く食べられるという単純計算になります^^

 

すごく得した気分になりませんか?(笑)

 

そして、絞りのペースが遅いなぁ。

もっと早くダイエットをしたいなぁと感じたら、余計に食べないでそのまま有酸素運動を追加して、減量食を継続します。

すると、活動代謝と摂取カロリーの差を広げられるので、ダイエット(減量)もスムーズに進むということになります!!

 

量を食べたいなら有酸素運動を追加!!

ダイエットを加速させたいなら有酸素運動を追加!!

 

どちらにしろ、僕は有酸素運動を減量期にはおこないます^^

空腹時間を避けられる

筋トレに有酸素運動を追加するということは、ジムの滞在時間が長くなります。

基本的に、運動をしている時間以外の時間に空腹感を感じるんですよねぇ^^;

 

なので、ジムでの運動時間が増えるとなると、空腹時間を忘れられる!!

これは僕の体験談ですが、減量末期になるとジムになるべく長くいます(笑)

 

トレーニングをする環境にいることで、空腹感を忘れられて【辛い・食べたい】という欲が湧かなくなるんですよね(^^)

 

ハードに有酸素運動などを行うと、疲労感で食欲がわかない…ということもあります!!

あまり健康的ではないので、ハードに有酸素運動を行うのは減量末期だけにしています(笑)

減量のマインドにセットできる

有酸素運動をすると、如何にも“減量”というスイッチが入ります(^^)

減量やダイエットとなると、ある程度の制限は必要です。

 

例えば

・お酒

・食事

・睡眠

これらは減量・ダイエットとは親密な関係があるので、減量モードに入らないと中々意識できないんです。

減量スイッチを入れるためにも、僕は必ず有酸素運動を行います。

 

有酸素運動をいれることで、今年も減量シーズンがきたな(笑)というモードに入ることができます。

 

ワンポイント

減量期間は短くて5週間。

長いと16週間とかなり長い日数になります。

ここで大切なのは燃え尽き症候群にならないことです。

 

最初から飛ばしすぎると、減量スイッチが切れてしまうので、僕は有酸素運動も長くて30分。

短いときは10分ほどにしています。

 

自分の性格を把握しておけば、ストレスを最小限に抑えられます。あなたもストレスを最小限にとどめながら減量をしていきましょう!!

 

最後に

有酸素運動も減量も、自分の時間を削って脂肪を削ぎ落とす行為です。

わざわざ自分の時間を、苦しいことをするためにやっているので、ダイエットがうまくいかないからと言って自分を追い込みすぎてしまうと、心も疲れてしまいます。

 

このFitness Circleでは微力ながら、ダイエットに役立つ情報を更新しています。

 

追い込みすぎず、一人でも多くの人達がダイエットに対するストレスを、最小限に抑えられるように。

これからも更新を続けさせていだきます。

 

楽しみながら脂肪を落としていこう!!

 

それではまた^^

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 サマースタイルアワード 2016 全国大会 優勝 サマースタイルアワード 2016 全国大会 オーバーオール