短期間で筋肉をつけるためには脚トレ!!初心者にオススメの筋トレメニュー。

こんにちは♪

この冬は筋肉をバンバンつけて、体を大きくしたい。

たくさん食べて、ハードに筋トレをしたいという人はどのくらいいるでしょうか^^

 

僕も12月2日のサマスタが終わり次第、一ヶ月ほど食事を緩めたいと思っています(笑)

だってクリスマス♡もくるしお正月もきますからねぇ♪今年のクリスマスは・・・さぁて誰と過ごすのかなぁww

 

去年のように一人で終わるのか。それとも・・・乞うご期待ww

 

いつもどおり話がすぐに脱線をしてしまいますので、戻させていただきます^^今日は、このオフ期こそ筋肉をしっかりつけて、来年の夏にしっかり割れたシックスパックを手に入れるための方法をお伝えさせていただきます。

脚トレから逃げている君!!

脚トレって本当にきついですよね…

めちゃくちゃ辛いし、鍛えたからってパンツを履いているからなかなか見られないし。というより、脚よりも上半身を優先してしまってついつい、疎かにしてしまう部位。

 

それが脚。大腿四頭筋。大殿筋。大…(キリがないww)

 

僕もそうでした(笑)

脚トレをしたって、「めちゃくちゃかっこいい脚していますねぇ」と言ってくれる人は中々いません。僕も今現在、必死ぶっこいて鍛えていますが、中々言われません(笑)

 

でも知っていますか?脚の筋肉って全身の筋肉の約70%を占めているんですよ^^

 

そして脚トレを頑張ると以下の2つの嬉しいことが、もれなく手に入ります!!

①痩せやすい体になる

②上半身の筋肉も付きやすくなる

痩せやすい体になる

僕は、今回の大会にむけてかなり脚トレの頻度を増やしました。週に2回は脚をメインで鍛える日があり、そりゃぁもうエゲツないくらい辛い日もありました(笑)

でも、脚トレって本当に素晴らしい効果を発揮するんですよね…

ガッツリ鍛えた翌日は、体重が0.3~1.0kgも減少することがありました^^

 

これって本当にすごいことだと思います。

 

もちろん減りすぎてしまっては良くないので、僕は脚トレの日もしくは翌日は摂取カロリーを少し増やして微調整しながら減量を進めていました。

たくさん食べながら減量をしたい食いしん坊さんは、しっかりと脚トレを取り入れるべきだと宣言します!!

 

考えてみれば、全身の70%の筋肉が働くわけですから、痩せて当然ですよね(笑)

上半身の筋肉つきやすくなる

下半身は“木で例えると根”です。

根(土台)となる下半身がしっかりしてくると、力が増して不思議と上半身のトレーニングにおいての扱える重量が上がってきます。

 

また脚トレを行うことで、大量の成長ホルモンが分泌されると言われています。

大量の成長ホルモンが分泌されると、脚以外の筋肉にも素晴らしい影響を及ぼしてくれると言われています。

 

僕の体験談ではありますが、昔は一切脚のトレーニングをしていませんでした。

2016年のサマスタが終わってから、脚のトレーニングをはじめて今年に入ってから脚トレの強度を上げ始めました。

 

なんで今まで、向き合わなかったんだろう・・・と後悔するほど脚のトレーニングが良い影響をもってきてくれるので、すぐに脚トレを皆さん始めてほしいです^^

脚トレ入門編メニュー

スクワット

まずは王道のスクワット!!

脚トレと言ったらスクワット!筋トレといったらスクワット!

 

それだけ、重要なトレーニングということです^^

しかしフォームがめちゃくちゃ大切になります。まちがったフォームで行ってしまうと腰を壊したり膝を壊したりします。

こちらのフォームは解説動画があるのでご覧ください^^

合計4セット

1セット目 15回できる重量(アップも兼ねる)

2セット目 10回できる重量(本番前リハーサル)

3セット目&4セット目 8~10回できる重量(本番)

レッグカール

脚の裏側(ハムストリングス)の筋肉をつけるトレーニングです^^

こちらは、補助種目として取り入れている人もいますが僕の中では全く補助ではありません。

むしろメイン種目です。

 

トレーニングテクニックに関しては動画を貼り付けさせていただきます♪

レッグエクステンション

こちらも補助ではなく、メリハリのある脚を手に入れるためのメイン種目です。

 

この動画にはありませんが、個人的にはウエストを太くしたくないのでベルトを付けることをオススメします^^

最後に

先日の大会に出場した後に、審査員の金子賢さんからTOSHIは脚がかなり進化してきたな!特にハムストリングスがよかったぞ。とありがたいお言葉をかけてもらいました。

 

僕の場合、ハムメインで脚のトレーニングをする日。大腿四頭筋メインで脚のトレーニングをする日で分けて取り組んでいます(^^)

その結果が現れて本当に良かったなと思います。

 

コンテストに限らず、脚トレは先程お伝えさせていただいように、体質がガラリと変わるほど痩せやすい体になります。

しっかり取り組んで、痩せやすい体を手に入れましょう♪

それではまた!!

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一