“ダイエット方法を丸裸に公開”佐藤正悟さん主催のKOKを振り返る。

先週の土曜に開催された、佐藤正悟さん主催の第1回KOK!!

ちょうど1週間経ちましたし、サマースタイルアワードまで15日と迫ってきましたので、今回は特別にダイエット法を丸裸に公開したいと思います。

ダイエット法

減量期間は約80日でした。本来なら90日間をかけて減量をする予定でしたが、僕は12月2日に開催される【サマースタイルアワード】にも出場しようと決めていました。

SSAから逆算をすると減量期間が長すぎてしまい集中力が切れる…そうに自分を分析したので、80日で仕上げると決めたんです(^^)

 

仕上げられるの??とよく言われましたが、仕上げる!!と僕は断言をしていました(^^)言い切ることで、自分を奮い立たせたんです♪

筋肉面での食事

そこで一番の課題となるのが、食事です。TOSHIの場合1日約5食を食べます。ということは1週間で35食を食べています。

しかし、筋トレは3日鍛えたら1日OFFを取り入れる方法でしたので、多くても週6のトレーニング。

 

【週間】

・食事=35

・筋トレ=6

1週間で筋トレと食事の差が約6倍になってしまうので、こりゃ食事を徹底せねばと考えました♪

 

僕のInstagramをご覧になってた方は、ご存知かと思いますがお米をほとんど食べていません。

炭水化物)


じゃがいも、オートミール、豆

徹底してこの3品目から、エネルギーを補給していましたね(^^)

じゃがいもは、GI値が高いと言われていますが僕は、サツマイモだと全然絞れないんですよねぇ…それにサツマイモって火を通すとGI値がグングン上がると言われているので、食べません(笑)

それに甘いから、なんかイヤなんです!!←わがままww

 

じゃがいものほうが、美味しく食べれるし力になる感覚があるので、僕は芋といったらじゃがいも派です^^

 

タンパク質)


【朝】鶏肉or鮭

【昼】牛肉&鶏肉

【夜】鶏肉or魚類

【間食】プロテインバーorプロテインチップス

 

タンパク質は最終的にアミノ酸というものに、分解されます。日本を代表するボディビルダーの鈴木雅さんも以前セミナーで仰っていましたが、多くの種類のタンパク質を食べることでより多くの種類のアミノ酸を摂取できる。

すると、筋肉に張りが戻り質のいいトレーニングができる。

と仰っていました^^

 

成功している人の言うことは、すぐさま実践する!!といTOSHIの素直な性格が、発揮され僕も多くの種類のタンパク質を食べるようにしました^^(自分で言っちゃうあたりが可愛いww)

 

脂質)


・全卵

・アーモンド

・くるみ

こちらから摂取をしていました^^脂質を全く摂取しないトレーニーさんや、コンテスト選手もいますが、僕は食べます。

なぜなら脂質を摂取しないと、健康的に絞ることができないと考えるからです。結果を残す/残さないの前に、健康的でないと意味がないと僕は思います。

なので必ず脂質を摂取するようにしました。

 

動物性の脂質と、植物性の脂質をバランスよく摂取してきたことで、カラダの疲れも特に感じることなく脂肪を落とすことに成功!!

 

全卵を食べる理由は以前の記事でも、書いたと思いますが、命を頂いているので捨てるというのがあまり好きではないんです^^;

メンタル面での食事

いくら筋肉にいい食事をしていても、メンタルがやはりやられます(笑)

これを食べればカラダは発達する。これを食べたら、カラダに脂肪がつく。

 

わかってるよ。わかってるんだけど食べたくなる・・・人間だものww

 

ということで、僕は毎週金曜日には栄養満点の食事をするようにしていました。減量中は、よほどのことがない限り砂糖類は摂取しません。

しかし、大好きな鰻や寿司、焼き肉を食べてメンタル面の回復を狙って食べるようにしていました^^

週に1回だけでもお米を食べられる。それだけで、かなりメンタルが回復するものですね♪

筋トレ

筋トレももちろんハードに行いました^^しっかり食べて、しっかり動く、元気な姿でステージに立つ。というのが減量テーマでしたので、当日は誰よりも元気にステージングできたと思います♪

ハードなトレーニング

トレーニングはめちゃくちゃハードに追い込みました。

毎セット終わるごとに、息が「ゼェゼェハァハァ」するほどです(笑)

 

コンテスト選手って「その筋肉つかえないんでしょ」なんてよく言われるものです。使ったから筋肉は成長しているのになぁ。と心の片隅でいつも思っています(笑)

ジムで鍛えている人の中で、誰よりも高強度でハードなトレーニングをしようと意気込んで鍛えていました^^

 

野球やサッカーや柔道選手が、カラダづくりや競技能力向上の一環として取り入れているウエイトトレーニングですが、僕らコンテスト選手は、ウエイトトレーニングが全てです。

だったら他の誰よりもハードに鍛えて、負けないように頑張ろう!!と勝手に張り切っていました♪

 

だいたい1回のトレーニング、30~40セット。

インターバルは60~180秒で行っていました^^

短すぎる有酸素運動

有酸素運動で、長い時間ウォーキングをしたりする人もいますが、僕はいくら歩いても絞れる感覚がないんですよね^^;

だったら一層のこと割り切って、全力で5分間バイクを漕いで終わりにしよう。といういい意味で吹っ切れたのがドンピシャでハマりました♪

今回の短すぎる有酸素運動で、確信したことは20分以上やらなくても、人によってはガンガン脂肪燃焼をするということです。

ダブルスプリットはやらない

ダブルスプリットはやらない。というよりできない(笑)

パーソナルトレーナーをやりながら、ダブルスプリットをやるほど時間的余裕がありませんでした^^;

 

昔はよくやりましたが、“ダブルスプリットはできないんだよ!!”と自分に言い聞かせ、一回のトレーニングの質を高めることにフォーカスをして取り組みました^^

ときには仕事が10:00~22:00まであって、ヘロヘロになったときもありました。しかし、そこだけはしっかりと計画を立てていたので、眠い目をこすってでも鍛えました(笑)

 

ジムに行くと重いまぶたも、普段のパッチリ二重に戻っちゃいました^^

最後に

2018年最後の大会であるサマースタイルアワードまで残り15日。

モチベーションもめちゃくちゃ高いです♪

 

トレーニングも最後までハードに取り組み、食事も最後まで美味しく食べたいと思っています^^もちろん水抜き塩抜き、カーボローディング、ディプリートもしません。

最後まで健康的に過ごし、fitnessをライフスタイルの一部に落とし込みながらラスト15日を過ごしていこうと思います^^

 

それではまた♪

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一