痩せたいけど、食べたい…【食べなきゃ痩せない】という話。

痩せたいと考える人が、次に考えるのが辛い食事制限。

 

でも、大丈夫ですよ。

痩せたいときこそしっかり食べてください。もし痩せたくて、辛い辛い食事制限をしているなら、それはダイエットではなく自虐行為。

今回は、健康的に食べても痩せられる理由を書かせていただきますね^^

痩せない4つの理由

痩せない人の典型的な特徴として、食事の質が悪い傾向にあります。

僕は今まで100人以上のダイエッターさんやトレーニーさんへアドバイスをしてきました。

基本的にここで紹介することを実践していただいたら、自然とカラダも変わってきました^^

加工品が多い

加工品=コンビニ食品。なぜコンビニ食品が悪いか?

 

リンという成分を聞いたことがありますか^^これは鉄分やカルシウムの吸収を阻害してしまう働きがあります。

鉄分が体内から減少すると貧血気味になり、基礎代謝の低下を招きます。また、筋トレをする人は、トレーニングのパフォーマンスが低下するとも言われています。

 

でもマジメすぎもNG^^;

こんなことを1~10まで守っていたら、コンビニ食が全く食べられなくなってしまうので、頭を固くしすぎずに(笑)

 

“朝+夜は自炊を心がける”でも、昼はコンビニでもよし!というマイルールを作ることが大切ですね^^

 

ちなみに僕がコンビニで食べる時は、サラダチキンのようなバッチリ加工品は食べずに、ゆで卵を選ぶようにしています♪

悪い脂質を摂りすぎている

・ポテトチップス

・洋菓子

・マーガリン

・ショートニング

・揚げ物…

これらは悪い脂質と言われていて、海外では完全に禁止されているトランス脂肪酸、という成分が潜んでいる可能性もあります。

 

アボカドやココナッツオイルなどのように、良質な油はダイエットを促進させますが、人工油はダイエットが捗らなくなってしまいます。

 

不思議ですよねぇ人間の体って^^

 

ちなみに、ダイエッターさんや減量中のトレーニーが取り入れるチートデイで、人工油を摂取すると停滞期は抜け出せません。

チートデイ翌日以降でも、体重が落ちにくくなるので注意が必要です!

 

カラダにとって良い油を^^

サバはダイエットにオススメ!?カロリーが高いのに痩せる理由

炭水化物が少ない

炭水化物を食べなさすぎると、体重も落ちません…

ダイエットに苦戦する人たちの食事を、コンサルティングしたことが100回以上ありますが、ここでも共通点がありました。

 

体重が落ちない・メリハリがない人に限って炭水化物を拒む…という傾向が強いです。

 

声を大にして言いたい!

 

“炭水化物は敵ではない”

“炭水化物を敵だという人が本当の黒幕だ”

2018年5月16日 TOSHI炭水化物摂取宣言。(笑)

 

日本人は、昔からイモやお米で育ってきています。海外のFitness選手は、タンパク質を中心に減量をしますが、僕らは日本人。

日本人は昔から米を食べて育ってきてるので、食べなきゃカラダはいい方向へと変わりません。

 

僕もサマースタイルアワードで優勝した時は、炭水化物を極限まで減らして1日1000kcal前後で減量をしていた時期もあります。←フラフラでした(笑)

体重は減るのに、カラダはそんなに変わってきていない。という感じがしました。

 

ダイエッターさんも同じです。

普段から過度にトレーニングをしなくても、しっかり米を食べなければカラダは変わりません。それが健康的なダイエットなんですから^^

 

理想的なダイエットをするときの栄養素計算は、こちらを参考にしてください。

減量中に意識するPFCバランス。

運動量が少ない

人間の三大欲求の1つに入る、食欲。これを極端に抑えるのは難しいので、運動をして消費カロリーをアップさせましょう。

 

ちょうど今の時期はタンスの中を衣替えするシーズンですよね♪

 

衣替えは、僕たちのカラダでも表すことができます。

膨よかな人は、カラダの中に入れているばかりでタンスの中(体内)がパンパンになっている状態です。

 

食べる→食べる→食べる…太る。これは当たり前の結果になります。

食べる→動く→食べる→動く→食べる。この自然の流れが大切なのです。

 

体内に食べ物を入れたら、筋トレという掃除をしてあげる。すると健康的なカラダが作られていきます。

 

食べることが好きな人こそ、筋トレをしていきましょう!

初心者から上級者まで。週間筋トレメニュー大公開!

食べなさすぎる

食事を見ていると、食べなさすぎている人がほとんど・・・

基礎代謝分も摂取していないんだろうなぁと思います。それではホメオスタシスというホルモンが分泌されます。(カラダの防衛反応)

 

これが分泌されてしまうと、俗にいう停滞期を招きます^^;

 

最低でも、基礎代謝分は食べましょう。

食べるものを選択する

食べるものを選択していくだけでも、カラダのなかから次第に変化してきて、ドンドン体質が変わってきます。

ここでは、僕が選ぶダイエットに適している食材を紹介させていただきます。

 

白身魚

白身魚の代表例である、鱈・鮭は脂肪燃焼作用があると言われています。毎日毎日、鶏肉では当然のことながら長続きしませんので、お魚もダイエット中は積極的に食べていきましょう。

サバなどの青魚にも脂肪を燃焼する作用がありますが、僕は白身魚を好んでいます。というのも、青魚って食べ終わった後に臭いが口の中に残りませんか?(笑)

僕はあれがちょっと苦手なんですよね^^;

 

そんな理由から、白身魚を選んで食べるようにしています・・・

ってそんなしょうもない理由じゃ納得できない人もいると思いますので(笑)

 

まず白身魚でも特にオススメなのが鱈!

鱈はアミノ酸スコアが最高値の上に、筋肉を増やす魚としても有名です。筋肉が増えれば、基礎代謝があがり今よりも痩せやすい体質に変わります。^^

複合性炭水化物

炭水化物といっても、様々な種類があります。単一炭水化物と呼ばれている、チョコレートやお菓子、果糖類。これらは僕はオススメしません。

 

吸収が早すぎる分、腹持ちも悪いですし多くの単一炭水化物は加工品で余計な脂質も含まれていることがほとんど・・・

 

なので、複合性炭水化物をチョイスしましょう!

その中でも特にオススメなのが

・雑穀米

・オートミール

・玄米

・サツマイモ

です。

 

これらは、血糖値を緩やかに上昇させるので、腹持ちも良ければかなりインスリンの大量分泌を防ぎ、脂肪合成がされにくいと言われています^^

 

同じものでも、食べるものを選べば痩せやすい体質へと変わっていきますよ♪

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

明日からあなたが食べていくものが変わってくると思います。

せっかくなので服を脱いで、今のあなたのカラダをあなた自身で見てみましょう。

 

その体は・・・今までの生活習慣を表しています。しかし、これからきちんと食べて筋トレを取り入れていけば、カラダも良い方向へ変わっていきます^^

 

夏もすぐそこ!

コツコツ正しい食事をしていきましょう^^

 

それではまた!

気に入っていただけたらシェアをお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして。TOSHIと申します。 僕は失恋をキッカケに、ボディメイクに目覚めました。 試行錯誤のうえ、今はFitness選手として活動しています。 SSA 2016 スタイリッシュ外部門 日本一 SSA 2018 Novice ビースティ部門 日本一 King of King 初代日本一